製菓の専門学校でスイーツ職人へJump!~専門スキルを磨こう~

女性

夢のパティシエになろう

ペン

パティシエを夢見る高校生へ

進路を決める高校生の中には、将来パティシエになりたいと考えている人もいるでしょう。パティシエになるには専門の知識や技術が必要となるので、高校卒業後のステップには製菓の専門学校を選ぶと良いでしょう。製菓の専門学校では授業の80%が実習なので、何度もスイーツづくりの回数を重ねることが出来ます。また1人で1つのスイーツを作るのが実習を行なう上でのルールとなっているので、自分の苦手や得意をしっかり把握することが出来るのです。実習はプロの講師が行なってくれるので、その場で的確なアドバイスを貰えるのも専門学校の魅力となっています。専門学校は1年と2年からコースを選べるので、自分自身のパティシエとしての目標を叶えるのに最適なコースを選ぶと良いでしょう。

製菓について現地で学ぼう

製菓の専門学校では、本場のパリでスキルを習得出来る留学コースがあります。パリには沢山のスイーツ店があり、有名なパティシエも多くいます。留学へ行くことでより高いスキルを獲得することが出来るので、更なるレベルアップには最適な環境となっているのです。さらにただ留学するだけでなくインターンシップも実施しているので、本場のスイーツ店で実際に働くことも可能なのです。留学は就活にも有利になるので、自分のスキルを高めて一流のお店で働きたい人には最適です。入学を希望する高校3年生の中には留学に興味のある人もいるでしょう。留学については他のコースと同じように説明会を開催しているので、費用やプログラムの内容が気になる人は参加してみると良いでしょう。